アプリを制作するにあたって知りたいこと

アプリ制作というと、以前は「専門的な知識と技術を持っている人だけができる特殊技能」だと考えられていましたが、今となってはまったく状況が変わっています。たしかに、専門知識が必要になる状況はありますが、まったく知識を持っていない人でも比較的簡単に取り組めてしまいます。簡単に言ってしまえば「誰でもできる」のですが、特に素人がこの分野に取り組むときに覚えておいた方が良いことをいくつか紹介していきます。専門知識を身に付けることや技術面の強化などは当然ですが、それ以外にも「これはやっておいて損はない」と言われていることが何なのかということを把握しているだけで、結果は大きく変わります。それでは、具体的にどのようなポイントがあるのかを見ていきましょう。

基本的な知識と技術は二の次でも良い

たとえば、アプリ制作時に必要な知識となる「JAVA」などのコンピューター言語は、「知らなければただただ難解な暗号」にしか見えないものです。しかし、このようなコンピューター言語を使わない限りは何も作れない以上、必要最低限度の知識は身に付ける必要があります。と言っても、「決まり事」を覚えるだけでも十分です。コンピューター言語は難解な部分も多いですが、その多くは「決まったルール」で用いられています。要するに、日本語には主語と述語があり、形容詞や動詞で状態を表現していくような「文法」があるのと同じで、コンピューター言語にも決まった文法が存在します。また、具体的なソースはインターネット上にごまんと溢れているので、これらを「コピペ」するだけでも事足ります。

簡単なことから徐々に発展させていくと良い

アプリ制作に取り組もうとする人は、少なからず「こんなものを作りたい」と思っています。そもそも、そういった希望を持っていない人が作ろうと思うことはまずありえないので、何らかのイメージを持って、それに近い作品を作り上げようと考えていることがほとんどです。しかし、その時点では非常に難しい作品を構想していることが多いため、あまりのハードルの高さに挫折してしまうことも少なくありません。せっかくのチャンスをそのようなことで喪失してしまっては勿体ないので、「簡単なものから徐々に構想に近付けていく」というプロセスを意識しましょう。ごく単純な作業のみを行うプログラムを作り、そのプログラムでできることを1つずつ増やしていくと、最終的に自分の希望する通りの作品が出来上がります。

制作会社や広告代理店様向けにパートナープログラムの説明会情報を記載しています。 アプリマーケティングの基本が学べる無料セミナーなども随時開催しています。 実店舗、ECサイトを所有されている企業が手軽にアプリを通じてマーケティングをすることが可能です。 自社アプリを成功に導くアプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」です。 初期費用を抑え、最短1ヶ月でストア公開が可能です。 様々な業態のアプリを制作いたします